• 溝の口駅より徒歩3分
  • 面談予約はこちら
面談はこちら 無料相談受付中

044-863-7487

平日9:00~21:00 土・日・祝 10:00〜18:00

相続放棄とは

相続放棄とは相続人が裁判所に申述して、被相続人(亡くなった方)の遺産を受け継ぐことができる権利を放棄することです。

つまり、相続の放棄をした相続人は、「その相続に関しては」、初めから相続人とならなかったものとみなされます。
なお、今問題となっている相続に関しては、代襲相続(相続放棄をした相続人に子がいて、その子が代わりに相続すること)をすることができないことになります。

このような相続放棄は、被相続人の借金等のマイナス財産が多い場合や、家業の経営を安定させるために長男に全てを受け継がせたいときなどに活用されます。また、被相続人と長年接点がなく、借金等の可能性が否定できない場合などにも利用される手続きです。

相続放棄の注意点

1. 相続放棄をするためには相続開始を知ってから3ヶ月以内に家庭裁判所に申請をする必要があります。

2. 相続する財産を選ぶことはできません。
したがって、遺産に関して「全て相続する」か「全て放棄する」ことしか選ぶことはできません。

3.相続開始前には相続放棄を申述することはできません。

4.相続放棄を撤回することはできません(詐欺や脅迫を受けたようなときは取り消せます)。
 但し、相続放棄の申述後「受理」される前であれば、申述を取り下げることができます。

被相続人の利害関係人(例:債権者)や他の相続人にも大きな影響を与える相続放棄は、慎重な判断を迅速に行うよう求められています。
しかも、原則撤回できません。
このように人生に大きな影響を与えてしまう恐れがあるので、相続の専門家である司法書士に遺産の調査や相続手続きを依頼されることをお勧めします。

相続放棄の手続きの流れ

1)戸籍謄本、被相続人の住民票除票(申述人が誰かによって違いあり)の取得
2)相続放棄申述書を作成
3)家庭裁判所へ相続放棄の申述
4)家庭裁判所からの「照会書」が届くので、回答して返送
5)問題がなければ、家庭裁判所で相続放棄の申述が受理されます
6)家庭裁判所から相続放棄申述受理通知書が送られてきたら、手続きは完了
7)債権者等に提示するために、必要に応じて相続放棄申述受理証明書を交付してもらう

相続放棄の必要書類(申述書を出す方と被相続人の関係により異なります)
  • 相続放棄申述書
  • 被相続人の戸籍(除籍)謄本、住民票除票、または戸籍の附票
  • 申述人・法定代理人等の戸籍謄本
  • 申述人1名につき収入印紙800円、郵便切手(切手代は各家庭裁判所により違いがあります)

主な相続手続きのサポートメニュー

相続登記サポートバナー 相続放棄サポートバナー 遺言作成サポートバナー

相続のご相談は当センターにお任せください

  • ご相談者様の声
  • 当事務所の解決事例

よくご覧いただくコンテンツ一覧

  • ホーム
  • 選ばれる理由
  • 事務所紹介
  • スタッフ紹介
  • 料金表
  • アクセス
  • 無料相談
  • 問い合わせ
お客様の声を大切にします
  • 相続登記

  • 相続登記

    最初から最後までごていねいにありがとうございました。

  • 相続登記

    ふつうの人にとって司法書士の仕事内容がよくわからない。もっと仕事内容を広めていったほうがよいと思います。

  • 相続登記

    スムーズに予定より早く手続きしていただき安心しました。

お客様アンケート一覧についてはこちら
当事務所の解決事例を検索する
  • 相続手続き
  • 相続登記
  • 相続放棄
  • 遺産分割
  • 預貯金解約
  • 遺言
  • 成年後見
  • 生前贈与
  • 民事信託
解決事例一覧についてはこちら
Contact
無料相談受付中!
PAGETOP