• 溝の口駅より徒歩3分
  • 面談予約はこちら
面談はこちら 無料相談受付中

044-863-7487

平日9:00~21:00 土・日・祝 10:00〜18:00

知っておきたい!預金を相続するために必要なこと

預金口座の名義人(口座名義人)が亡くなられた場合、預貯金がある銀行等に連絡すれば該当する口座は凍結され、入金・出金ができなくなります

凍結される理由は名義人の死亡により「相続財産」となるため、相続財産の保全のために行われます。

多くの場合が相続人等から直接相続発生を聞いて停止されています。これを解除し、お金を引き出すためには相続手続きが必要になります。

銀行への手続きの主な流れ

1 被相続人(亡くなった人)が取引していた銀行を全て確認する

2 各銀行に残高証明・必要書類を請求する

3 銀行から郵送されてきた書類を確認し、必要資料を準備する

4 相続人全員から必要資料を揃えてもらい、書類に押印

  ※ 当センターにご依頼の場合には原則として委任状のみに押印

5 名義変更書類・必要資料を郵送・持参

6 手続き完了(相続人の口座に振込)


預貯金の解約をする場合には、亡くなった方の戸籍謄本が必要となります。

集めなければならない戸籍謄本の範囲は場合により異なりますが、「亡くなった方の出生から死亡までに作成された全ての戸籍謄本」と、「相続人の戸籍謄本」が必要となる場合が多いです。

なお戸籍謄本は、「死亡の事実の確認」と「法定相続人の確認」のため必要となります。

なお、銀行での手続きの必要書類は遺言書の有無遺産分割協議書の有無各種金融機関により変わってきます。

詳細は下記リンク先よりご確認下さいませ。

相続時の銀行手続きについてさらに詳しくはこちら

 

手続きが完了するまで、預金は一切引き出すことができないの?

銀行は、遺産分割協議がまとまるか、調停、審判で決着がつくまでは、銀行口座の相続はできません。

その理由は、銀行が相続の争いに巻き込まれたくないからです。

ただし、葬儀費用、入院費相当額の払い出しを応じてもらえるケースもあります。

相続人が複数名いる場合は、あとでトラブルにならない為にも事前に相談した上で行いましょう。
また、金融機関ごとに、必要書類等や手続きは異なりますので直接、金融機関にご相談ください。

 


川崎遺産相続相談センターでは、銀行預金の相続手続全般の代行、各種必要書類の取り寄せ、遺産分割協議の調整や遺産分割協議書の作成など相続手続の最適な支援、アドバイスをさせていただきます。


初回のご相談は無料ですので、お気軽にお問合せくださいませ。

 

主な相続手続きのサポートメニュー

相続登記サポートバナー 相続放棄サポートバナー 遺言作成サポートバナー

相続のご相談は当センターにお任せください

  • ご相談者様の声
  • 当事務所の解決事例

よくご覧いただくコンテンツ一覧

  • ホーム
  • 選ばれる理由
  • 事務所紹介
  • スタッフ紹介
  • 料金表
  • アクセス
  • 無料相談
  • 問い合わせ
お客様の声を大切にします
  • 相続登記

  • 相続登記

    最初から最後までごていねいにありがとうございました。

  • 相続登記

    ふつうの人にとって司法書士の仕事内容がよくわからない。もっと仕事内容を広めていったほうがよいと思います。

  • 相続登記

    スムーズに予定より早く手続きしていただき安心しました。

お客様アンケート一覧についてはこちら
当事務所の解決事例を検索する
  • 相続手続き
  • 相続登記
  • 相続放棄
  • 遺産分割
  • 預貯金解約
  • 遺言
  • 成年後見
  • 生前贈与
  • 民事信託
解決事例一覧についてはこちら
Contact
無料相談受付中!
PAGETOP